2006年09月27日

小林被告に死刑。

小林被告に死刑判決がでた。

被告人、被害者遺族が望んだ判決が下った訳だが、被告側の弁護士は控訴するようだ。


これって、オカシクナイデスカ?

被告人が望んでいる判決が下ったのなぜ控訴しなければならないのだろうか?


被告人と弁護士がきちんとコミュニケーションを取れているのであれば
控訴などあり得ないと思う。

仮に被告人本人が死刑を望んでいないのであれば話は別だが
これでは弁護士の一人よがりに思えてしまう。

例えるなら飲食店でステーキをオーダーしたのに
おにぎりが出てきた程コミュニケーションが取れていないと言ってもいいのではないだろうか?
posted by まさぽん at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

国旗・国歌に敬意を示せないのは政治のせいです。

率直に言って、法律で国歌・国旗に敬意を示すのに法律を用いる事自体ナンセンス極まり無い事だと思う。

法律に「愛国心」についての記載があるのもいかがなものだろうか?


自国への愛国心や国歌・国旗に対する敬意とは何者にも強要されてはいけないハズです。

そもそもこれらの物に国民が敬意を示さなくなったのは
政治や警察、官僚などの特権階級の不祥事が明らかになっているからではないだろうか?



特権階級のヤツラが悪さをしなくなり、国民が住みやすい町になった時
自ずと国民達に愛国心が芽生えてくるものです。

特権階級のヤツラは俺ら国民を税金を払うだけのペットだと思っているのかな?


先の裁判で日の丸・君が代の強要は違憲と裁判長が判決を出した。

この判決に対し、石原慎太郎都知事は控訴をする事を公言して
「規律を取り戻すには統一行動が必要。その一つが式典での国歌・国旗に対する敬意だと思う。それがすべてとは言わないが、これも一つの手だてだ」
述べている。

国民に統一行動を求めることって大変危険な事ではないでしょうか?
まるで、共産主義北朝鮮のマスゲームが一瞬で脳裏に浮かんでしまいました。


都知事である石原慎太郎氏は以前から心無い発言が非常に多い都知事だという事は皆さん知っていると思いますが、あえて例をあげると
「フランス人は数を勘定できない」とかなんとか。他にも多数あるが一度も謝罪をしたことがない。


ちなみに死亡事故なども起きてる戸塚ヨットスクール「戸塚ヨットスクールを支援する会」を組織しこれを支援もしている。

時代に逆行する体罰を良しとする戸塚ヨットスクールをだ。


石原慎太郎は権力を持った危険人物ではないだろうか?
posted by まさぽん at 21:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

セクハラへの対応

例え有能な人材でも一皮剥けばただの男です。

そんなヤツが犯したセクハラを会社の上司達はなぜ庇うのだろうか?

どんな会社でも有能な人材を手放すのは大きな損害ではあるのだろうけど
この様な会社には大きなペナルティーを与えてはどうだろうか?


エリートとかキャリアとか呼ばれるヤツらって、勉強は出来たかも知れないが
常識外れなヤツらが多いよね。

他人に迷惑を掛けて、それがバレそうになると権力を用いてそれを隠蔽することだけは一人前だから困る。
posted by まさぽん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラックバック利用しよう!

前回のエントリ(一長一短なトラックバック)で書いたデメリットが一発で解消出来る方法があったとです。

これを教えてくれた通りすがりのmiracleさんに感謝感激です。


方法は至極簡単で禁止IP設定なるものがはじめからあったんです……。

はぁ〜。パソコンをサスッて早三年になるんだから、このくらいわかんないとヤバいよね。


アダルト系やアフィリエイト系の執拗なトラックバックにウンザリしてしまいトラックバック機能を使っていない方もいるようで……。

そんな人たちの声を大にして言いたいです!!!

「トラックバックを使おうよ!」って。


正しく?トラックバックを使うことにより、ブログ仲間の輪が広がるかもしれないし、
自分が書いたエントリー(記事)に対して他の人の考え方も解るし、
もしかしたら、情報交換とか議論とかいろいろな事が出来ると思うんですよね。

こんなトラックバックを使わないなんて、勿体無いと思いませんか?

くだらないエロサイトからのスパムっぽいトラックバックが来たら
IPを禁止にしちゃえばいいんだしね。


このブログはトラックバックを躊躇している人たちに是非読んで貰いたいです。

異論や反論、賛同してくれる方は
是非コメントやトラックバックをよろしくお願いします。
posted by まさぽん at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

一長一短なトラックバック

同じ内容の記事からのトラックバックは本当に嬉しい限りです。

しかし、いかにも宣伝です的なネットナンパ系、アフィリエイト系などのトラックバックは本当にウザイ!

俺は宣伝だったり、スパムだろうなと伺えるトラックバックは消している。
皆さんもそうだと思うけど、この様な理由でトラックバック機能を使わないのは非常に勿体無いと思いませんか?

シーザーブログで特定のブログからのトラックバックを禁止する機能があると便利なんだけどなぁ〜。


posted by まさぽん at 07:35| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

消費税を10%にする前に……。

そろそろ総裁選が行われ、新総理大臣が誕生しそうですね。

ハッキリ言って全然興味ないです。


候補者の誰が総理大臣になっても、消費税の税率UPは避けられないからです。

テレビ出演時に消費税の税率アップについての質問を受けると
お三方共に独自の考えを述べるときによく出てくるキーワード、
歳出削減」。

この「歳出削減」を口にする割にはどのような削減をするかについては
なんだか煙に巻く様な発言がよく目立つし、
自分たちの給料の多さを棚に上げているのがすごい気になる。

政治屋の給料は123万7500円
その他に非課税で領収書すらいらない文書交通費が100万円
合計で223万7500円ももらっている計算になる。
しかも、裏金や政治献金があるからウハウハだ。

そもそも国会の政治屋どもの人数自体多くないだろうか?


一般企業は経営不振に陥るとリストラやその他いろいろな方法を用いて経費削減に尽力をつくす。

それにくらべて、政治屋どもはどうだろう?

国会の真っ最中に居眠りをしているヤツ。
赤ら顔で国会に参加するアホ。
国会の真っ最中にメールをやるヤツ。
などなど、あげればキリが無い。

こんな政治屋どもにも平等に血税が使われていることに国民はもっと怒るべきであり、国会から引き摺り下ろすべきではないだろうか?

もちろん、上記のアホどもを庇う同じ穴のムジナも同様に……。
----------------------------------------------------------------------

posted by まさぽん at 00:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

政界からのお誘い

自民党が今シーズン限りで引退する新庄選手に政界へのお誘いがあったようだ。

ここまで来ると政治屋に対する期待など微塵も持てなくなる。


政治とは、ただ単に政党の議席数を確保し、
地方自治体や各種民間企業、その他と裏で手を握り合う。

政治屋を利用する地方自治体や民間企業は政治屋の餌である金や天下りを政治屋与え、
政治屋はその餌に見合う民間企業等の利益を無理な法律を作り上げてでも確保する。

これが出来る政治屋ほど優秀な政治屋なのだろう。


だからこそ、人気がある芸能人やスポーツ選手などと交渉し政界へ誘いこみ、議席数を必死で確保するのではないだろうか?

芸能人やスポーツ選手達に教養があるようには到底思えないし、簡単に騙され政界入りする人がいるからこそ今の自民党が存在するのでは?


害虫が餌に群がるように、政治屋が税金を食い尽くしたからこそ消費税が誕生し
その消費税を10%になっても国民が泣き寝入りする様ようにと
今から「そろそろ消費税が10%になりますよ」とメディアを通じて国民に刷り込んでいるのではないだろうか?

しかし、消費税が10%になったとしてもただ単に害虫どもの餌が増えるだけではないだろうか?


せめて総裁選だけでも国民投票にして貰えれば微々たるものでも政治が変わるのではないだろうか?
posted by まさぽん at 02:12| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

麻原死刑確定と破防法【オウム真理教】

オウム真理教の教祖、麻原彰晃(松本智津夫)の死刑が確定した。

数多くの被害者を出したサリン事件や特定の人物を狙った様々な事件すべてを教唆した疑いで1995年に逮捕され、最高裁で死刑判決が決定した。


しかし、1995年に破防法を適応すべきか否かと議論になったのをおぼろげに覚えている。

「抜かずの宝刀」とも呼ばれてる破壊活動防止法は元々日本共産党を監視する為に昭和27年に出来た法律のようです。

当然一度も使われていないからこそ「抜かずの宝刀」と言われているが法律の専門家によると破防法は悪法らしい。


それでも俺は、その悪法の適応を当時すごく望んでいましたし、今現在でも適応を強く望んでいます。

この破防法を適応すれば一つの巨大な殺人集団を壊滅できるからです。


今やオウム真理教は分断され、
オウム真理教の教えをそのまま受け継ぐA派人を神としない上祐派の二つに分かれた事は非常にヤバイのでは?

人体の細胞の様に数年に一度の割合で分裂、分裂を繰り返して行く事により
再び凶悪な細胞が誕生しそうで非常に恐ろしい。


教祖麻原彰晃の死により、A派は麻原被告を完全な神と崇めるのではないだろうか?
posted by まさぽん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

相次ぐひき逃げニュース

最近、連日連夜飲酒運転やひき逃げ関連のニュースをよく目にする。

飲酒運転で人身事故を起こした場合、危険運転致死傷罪が適応されて
最高刑は20年。

一方、ひき逃げの場合、業務上過失致死傷罪も併合しても
最高で7年6ヶ月だそうだ。


こんな法律なら、飲酒運転したら当然の如くみんな逃げるよね。(笑
しかも、酒が抜けた後に捕まる、もしくは出頭し「飲酒運転でした」と自供しても、飲酒運転の危険運転致死傷罪が適応されないなんて全く持っておかしな話だ。


今、マスコミでは飲酒運転とひき逃げの矛盾について報道されていて、法改正が近日立案しそうではある。

他の法律でもシラフの状態より泥酔している方が罪状は軽くなる。
しかし、飲酒運転とひき逃げに関しては飲酒している方が罪が軽くなっている。

法改正しても新たな矛盾が出てくる事に政治家はいつ気が付くのだろうか?
posted by まさぽん at 02:35| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

閲覧者を一瞬で逃がすチラシサイト

アフィリエイトには大きく分けると三種類ある。

【1】クリックしただけで収入の入る「クリック型」
【2】商品を購入した時に発生する「結果報酬型」
【3】「一月に○○○万儲かります!」などの「詐欺型」


【1】と【2】はやり方によっては儲かる可能性も無いわけでは無いが、
やっぱり「お小遣い」程度の儲けしか期待でき無い。

【3】何気に詐欺的要素を含んでいるWEBサイトやブログもよく見かける。
「情報」を自ら販売しているかの様に書かれているが訪販法の記載も無ければ、「完全無料」と書かれたすぐ後に「有料」と書かれているアホなサイトまで存在するから、呆れる。


俺がこの記事で言いたいのは、【1】と【2】についてです。
【3】は論外ですのでネタに困ったら記事にでもしてみようかな?(笑


シーザーのタグ検索で、「アフィリエイト」や「ノウハウ」などで検索をかけてみて下さい。

先ず見ていただきたいのはブログの記事とタイトル。


ブログタイトルが全く同じだったり、
タイトルが全く一緒で記事の内容もコピペしましたって感じで
いかにも同一人物でしょ?って、タイトルで1〜2ページ独占状態。

記事を見てみる(読まずに見るだけ)と、
アフィリエイトタグが付いたリンクの雨アラレ(笑
「コレってスパムじゃないの?」と言いたくなる。


これがブログでは無く(ブログでも存在するが)ホームページだったりするともう最悪。
ページの上から下まで「クリック型」やら「成功報酬型」のバナーで所狭し状態。

新聞の折込チラシの様なページをあなたは見て楽しいと思いますか?
一瞬で違うサイトに移りませんか?(笑


こんなサイトに時間を割くのであればバイトするほうが断然儲かるはずだ。

ま、俺もどちらかと言うとアフィリエイトは嫌いじゃないが
「収益」が「労働」に見合わないほど小さいのは百も承知の上。

俺がブログやWebサイトのアクセントとして広告バナーを張る程度か、それに毛が生えた程度だろう。

俺のピーク時で、一ヶ月/5万円ほどでした。

実はアフィリエイトって商売っ気を出しすぎると失敗する傾向が非常に強いんです。
posted by まさぽん at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。