2006年10月17日

ありえない対応。

福岡県の筑前町立三輪中学校でのいじめ。
このいじめの発端となったのが
教師の信じられない発言によるものからだからいじめを受けた生徒だけでなく、他の生徒もたまったものではない。

この教師は好調などの信頼を厚く受けていた人物の様だが、
その教師がいじめの発端になるような発言をし、他の生徒にまで心無い発言を日常的に発していた。

いじめ問題を無くす為には教員免許の更新制度の実施や他校への定期的な研修制度、
PTAの頻繁な視察や教師や生徒への無記名アンケートの実施、
PTAや教育委員会以外の市民団体による学校内への視察などを
徹底して行う事により今よりは少しはまともになるのではないだろうか?


なぜ、学校の教師達はいじめをいじめと認めないのだろうか?

子供が精神的苦痛を受け自ら命を絶っていると言うのに
いじめ問題を隠蔽したり、責任逃れをするのだろうか?


精神的な苦痛は肉体的苦痛よりダメージが大きく、
その傷が癒えるには膨大な時間が必要である事を教育者なら理解してもらいたい。

精神病に入院している患者の多くが長期入院しているのか理解してほしい。
精神的ダメージと精神が病んでいる人では違うが
肉体的ダメージより精神的ダメージの方が遥かに癒えるのに時間が掛かることを理解してほしい。
posted by まさぽん at 09:26| Comment(33) | TrackBack(9) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。