2006年09月19日

消費税を10%にする前に……。

そろそろ総裁選が行われ、新総理大臣が誕生しそうですね。

ハッキリ言って全然興味ないです。


候補者の誰が総理大臣になっても、消費税の税率UPは避けられないからです。

テレビ出演時に消費税の税率アップについての質問を受けると
お三方共に独自の考えを述べるときによく出てくるキーワード、
歳出削減」。

この「歳出削減」を口にする割にはどのような削減をするかについては
なんだか煙に巻く様な発言がよく目立つし、
自分たちの給料の多さを棚に上げているのがすごい気になる。

政治屋の給料は123万7500円
その他に非課税で領収書すらいらない文書交通費が100万円
合計で223万7500円ももらっている計算になる。
しかも、裏金や政治献金があるからウハウハだ。

そもそも国会の政治屋どもの人数自体多くないだろうか?


一般企業は経営不振に陥るとリストラやその他いろいろな方法を用いて経費削減に尽力をつくす。

それにくらべて、政治屋どもはどうだろう?

国会の真っ最中に居眠りをしているヤツ。
赤ら顔で国会に参加するアホ。
国会の真っ最中にメールをやるヤツ。
などなど、あげればキリが無い。

こんな政治屋どもにも平等に血税が使われていることに国民はもっと怒るべきであり、国会から引き摺り下ろすべきではないだろうか?

もちろん、上記のアホどもを庇う同じ穴のムジナも同様に……。
----------------------------------------------------------------------

posted by まさぽん at 00:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23976662

この記事へのトラックバック

税制
Excerpt: 消費税率は、毎年1%ずつ消費税率上昇だと消費税率上昇前に買う景気効果が有るのでしょうか?、と思いますが、どうしょう?
Weblog: 和人
Tracked: 2006-10-21 03:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。