2006年09月23日

国旗・国歌に敬意を示せないのは政治のせいです。

率直に言って、法律で国歌・国旗に敬意を示すのに法律を用いる事自体ナンセンス極まり無い事だと思う。

法律に「愛国心」についての記載があるのもいかがなものだろうか?


自国への愛国心や国歌・国旗に対する敬意とは何者にも強要されてはいけないハズです。

そもそもこれらの物に国民が敬意を示さなくなったのは
政治や警察、官僚などの特権階級の不祥事が明らかになっているからではないだろうか?



特権階級のヤツラが悪さをしなくなり、国民が住みやすい町になった時
自ずと国民達に愛国心が芽生えてくるものです。

特権階級のヤツラは俺ら国民を税金を払うだけのペットだと思っているのかな?


先の裁判で日の丸・君が代の強要は違憲と裁判長が判決を出した。

この判決に対し、石原慎太郎都知事は控訴をする事を公言して
「規律を取り戻すには統一行動が必要。その一つが式典での国歌・国旗に対する敬意だと思う。それがすべてとは言わないが、これも一つの手だてだ」
述べている。

国民に統一行動を求めることって大変危険な事ではないでしょうか?
まるで、共産主義北朝鮮のマスゲームが一瞬で脳裏に浮かんでしまいました。


都知事である石原慎太郎氏は以前から心無い発言が非常に多い都知事だという事は皆さん知っていると思いますが、あえて例をあげると
「フランス人は数を勘定できない」とかなんとか。他にも多数あるが一度も謝罪をしたことがない。


ちなみに死亡事故なども起きてる戸塚ヨットスクール「戸塚ヨットスクールを支援する会」を組織しこれを支援もしている。

時代に逆行する体罰を良しとする戸塚ヨットスクールをだ。


石原慎太郎は権力を持った危険人物ではないだろうか?
posted by まさぽん at 21:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

国旗国歌
Excerpt: 強制は違憲
Weblog: 国旗国歌の強制は違憲
Tracked: 2006-09-24 17:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。