2006年10月01日

「美しい日本」

安部新総理大臣の所信表明で「美しい日本」と言うキーワードが発せられた。

自立の精神を大事にする世界に開かれた「美しい国、日本」を安部総理大臣は目指している様だが、この発言に恐怖を感じるのは俺だけだろうか?


この「美しい日本」の複線として国歌・国旗関連の問題があるのでは?と、感じる。

この件に関しては東京都知事が控訴するようだがお国がここまで国歌・国旗に躍起になるのは、前々から皆知っていた安部新総理を中心とした、
この「美しい日本」が関連しているのでは?と強烈に感じる。


「美しい日本」とはなんぞや? それは簡単なことです。

特権階級の連中の汚い金を徹底的に追求し、
特権階級の連中に私利私欲に走らず「我々は国民に担がれた神輿」と自覚させる事だ。


これができない「美しい日本」は虚言の「美しい日本」ではないだろうか?
posted by まさぽん at 01:14| Comment(1) | TrackBack(1) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

国旗・国歌に敬意を示せないのは政治のせいです。

率直に言って、法律で国歌・国旗に敬意を示すのに法律を用いる事自体ナンセンス極まり無い事だと思う。

法律に「愛国心」についての記載があるのもいかがなものだろうか?


自国への愛国心や国歌・国旗に対する敬意とは何者にも強要されてはいけないハズです。

そもそもこれらの物に国民が敬意を示さなくなったのは
政治や警察、官僚などの特権階級の不祥事が明らかになっているからではないだろうか?



特権階級のヤツラが悪さをしなくなり、国民が住みやすい町になった時
自ずと国民達に愛国心が芽生えてくるものです。

特権階級のヤツラは俺ら国民を税金を払うだけのペットだと思っているのかな?


先の裁判で日の丸・君が代の強要は違憲と裁判長が判決を出した。

この判決に対し、石原慎太郎都知事は控訴をする事を公言して
「規律を取り戻すには統一行動が必要。その一つが式典での国歌・国旗に対する敬意だと思う。それがすべてとは言わないが、これも一つの手だてだ」
述べている。

国民に統一行動を求めることって大変危険な事ではないでしょうか?
まるで、共産主義北朝鮮のマスゲームが一瞬で脳裏に浮かんでしまいました。


都知事である石原慎太郎氏は以前から心無い発言が非常に多い都知事だという事は皆さん知っていると思いますが、あえて例をあげると
「フランス人は数を勘定できない」とかなんとか。他にも多数あるが一度も謝罪をしたことがない。


ちなみに死亡事故なども起きてる戸塚ヨットスクール「戸塚ヨットスクールを支援する会」を組織しこれを支援もしている。

時代に逆行する体罰を良しとする戸塚ヨットスクールをだ。


石原慎太郎は権力を持った危険人物ではないだろうか?
posted by まさぽん at 21:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

消費税を10%にする前に……。

そろそろ総裁選が行われ、新総理大臣が誕生しそうですね。

ハッキリ言って全然興味ないです。


候補者の誰が総理大臣になっても、消費税の税率UPは避けられないからです。

テレビ出演時に消費税の税率アップについての質問を受けると
お三方共に独自の考えを述べるときによく出てくるキーワード、
歳出削減」。

この「歳出削減」を口にする割にはどのような削減をするかについては
なんだか煙に巻く様な発言がよく目立つし、
自分たちの給料の多さを棚に上げているのがすごい気になる。

政治屋の給料は123万7500円
その他に非課税で領収書すらいらない文書交通費が100万円
合計で223万7500円ももらっている計算になる。
しかも、裏金や政治献金があるからウハウハだ。

そもそも国会の政治屋どもの人数自体多くないだろうか?


一般企業は経営不振に陥るとリストラやその他いろいろな方法を用いて経費削減に尽力をつくす。

それにくらべて、政治屋どもはどうだろう?

国会の真っ最中に居眠りをしているヤツ。
赤ら顔で国会に参加するアホ。
国会の真っ最中にメールをやるヤツ。
などなど、あげればキリが無い。

こんな政治屋どもにも平等に血税が使われていることに国民はもっと怒るべきであり、国会から引き摺り下ろすべきではないだろうか?

もちろん、上記のアホどもを庇う同じ穴のムジナも同様に……。
----------------------------------------------------------------------

posted by まさぽん at 00:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

政界からのお誘い

自民党が今シーズン限りで引退する新庄選手に政界へのお誘いがあったようだ。

ここまで来ると政治屋に対する期待など微塵も持てなくなる。


政治とは、ただ単に政党の議席数を確保し、
地方自治体や各種民間企業、その他と裏で手を握り合う。

政治屋を利用する地方自治体や民間企業は政治屋の餌である金や天下りを政治屋与え、
政治屋はその餌に見合う民間企業等の利益を無理な法律を作り上げてでも確保する。

これが出来る政治屋ほど優秀な政治屋なのだろう。


だからこそ、人気がある芸能人やスポーツ選手などと交渉し政界へ誘いこみ、議席数を必死で確保するのではないだろうか?

芸能人やスポーツ選手達に教養があるようには到底思えないし、簡単に騙され政界入りする人がいるからこそ今の自民党が存在するのでは?


害虫が餌に群がるように、政治屋が税金を食い尽くしたからこそ消費税が誕生し
その消費税を10%になっても国民が泣き寝入りする様ようにと
今から「そろそろ消費税が10%になりますよ」とメディアを通じて国民に刷り込んでいるのではないだろうか?

しかし、消費税が10%になったとしてもただ単に害虫どもの餌が増えるだけではないだろうか?


せめて総裁選だけでも国民投票にして貰えれば微々たるものでも政治が変わるのではないだろうか?
posted by まさぽん at 02:12| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

裏金バンザイ

官僚はプール金と言っているが紛れもない裏金であり裏金をひねり出したヤツ指示したヤツらは立派な横領罪に該当する。

しかし、警察と官僚が裏で繋がっているのかどうかは解らないがヤツらを逮捕する気配すらない。

仮にこの類の事件を民間の株式会社が起こした場合横領罪、もしくは背任の罪に該当するのにだ。


税金とは、国民、市民の財産であり、官僚どものポケットマネーでは無いのに市民達の血税をあたかも自分たちのポケットマネーの様に飲み食いをし、タクシー代として使い、第二の退職金、保険料、無利子で職員達を融資までしている始末だ。


指示したヤツ、使い込んだバカ共は自腹を切って返済するのが当然だが、
この様な当然の事が一切報道されないのはいつもの事だから呆れるしかないね。

多分、後半年もすれば世間も裏金問題があった事すら忘れてしまうのだろう。
お役所はその間、じっと耐えてホトボリが冷めたらせっせと裏金と言う横領を繰り返すのだろう。


日本でトップの大学である東大生をキャリアと呼び、
すべてに優遇され、ノンキャリアである方々のたゆまぬ努力を蔑んだ眼差しで見つめつつ何もせずにドンドン昇進しているアホども出世しているやつが中心となって動いているからたまらん。


東大とは害虫養成所なのだろうか?
posted by まさぽん at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。