2006年10月17日

ありえない対応。

福岡県の筑前町立三輪中学校でのいじめ。
このいじめの発端となったのが
教師の信じられない発言によるものからだからいじめを受けた生徒だけでなく、他の生徒もたまったものではない。

この教師は好調などの信頼を厚く受けていた人物の様だが、
その教師がいじめの発端になるような発言をし、他の生徒にまで心無い発言を日常的に発していた。

いじめ問題を無くす為には教員免許の更新制度の実施や他校への定期的な研修制度、
PTAの頻繁な視察や教師や生徒への無記名アンケートの実施、
PTAや教育委員会以外の市民団体による学校内への視察などを
徹底して行う事により今よりは少しはまともになるのではないだろうか?


なぜ、学校の教師達はいじめをいじめと認めないのだろうか?

子供が精神的苦痛を受け自ら命を絶っていると言うのに
いじめ問題を隠蔽したり、責任逃れをするのだろうか?


精神的な苦痛は肉体的苦痛よりダメージが大きく、
その傷が癒えるには膨大な時間が必要である事を教育者なら理解してもらいたい。

精神病に入院している患者の多くが長期入院しているのか理解してほしい。
精神的ダメージと精神が病んでいる人では違うが
肉体的ダメージより精神的ダメージの方が遥かに癒えるのに時間が掛かることを理解してほしい。
posted by まさぽん at 09:26| Comment(33) | TrackBack(9) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

いじめを隠蔽するな!

北海道滝川市の教育委員会と江部乙小学校側の対応に怒りを覚えたのは俺だけではないはずだ。

自分の死の後に読んでもらう為に書いた「遺書」を「手紙」と称し
各メディアの取材に対して「いじめではない」と言うようなニュアンスに取れる発言をノラリクラリと答えるだけで記者会見を見ているだけでフラストレーションが溜まる。

メディアは「遺書」。教育委員会では「手紙」の内容
----------------------------------------------------------------

学校のみんなへ
 この手紙を読んでいるということは私が死んだと言うことでしょう
 私は、この学校や生とのことがとてもいやになりました。それは、3年生のころからです。なぜか私の周りにだけ人がいないんです。5年生になって人から「キモイ」と言われてとてもつらくなりました。
 6年生になって私がチクリだったのか差べつされるようになりました。それがだんだんエスカレートしました。一時はおさまったのですが、周りの人が私をさけているような冷たいような気がしました。何度か自殺も考えました。
 でもこわくてできませんでした。
 でも今私はけっしんしました。(後略)

6年生のみんなへ
 みんなは私のことがきらいでしたか? きもちわるかったですか? 私は、みんなに冷たくされているような気がしました。それは、とても悲しくて苦しくて、たえられませんでした。なので私は自殺を考えました。(後略)

※一部抜粋、仮名遣いなどは原文のまま
----------------------------------------------------------------

上記の内容、みなさんは「遺書」だと思いますか?ただの「手紙」だと思いますか?

俺は紛れも無く「遺書」にしか思えない。「遺書」と思うのが極めて自然です。


では、なぜここまでいじめを隠蔽する必要があるのだろうか?
ここに大きな疑問がある。

今回、いじめでクローズアップされた滝川市だけではなく、もちろん北海道だけでなく
このいじめ問題は全国的に隠蔽する傾向が非常に強い。

この疑問を解決しない限り教育委員会や文部省は本気でいじめ問題を解決しないだろう。


ちなみに2005年度は横浜市内の小、中、高校で794件発生しているようだが、これは教育委員会が解っているだけでの話で氷山の一角に過ぎないはずだ。


滝川市教育委員会と江部乙小学校はこの問題の風化を大人しく待つ様だが定期的にこのブログで取り上げて行きたいと考えてる。

----------------------------------------------------------------
◇リンク一覧◇

滝川市オフィシャルサイト
滝川市教育委員会
◆滝川市教育委員会メールアドレスgakukyou@city.takikawa.hokkaido.jp
江部乙小学校(現在削除されてます)
----------------------------------------------------------------
posted by まさぽん at 19:26| Comment(13) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

小林被告に死刑。

小林被告に死刑判決がでた。

被告人、被害者遺族が望んだ判決が下った訳だが、被告側の弁護士は控訴するようだ。


これって、オカシクナイデスカ?

被告人が望んでいる判決が下ったのなぜ控訴しなければならないのだろうか?


被告人と弁護士がきちんとコミュニケーションを取れているのであれば
控訴などあり得ないと思う。

仮に被告人本人が死刑を望んでいないのであれば話は別だが
これでは弁護士の一人よがりに思えてしまう。

例えるなら飲食店でステーキをオーダーしたのに
おにぎりが出てきた程コミュニケーションが取れていないと言ってもいいのではないだろうか?
posted by まさぽん at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

セクハラへの対応

例え有能な人材でも一皮剥けばただの男です。

そんなヤツが犯したセクハラを会社の上司達はなぜ庇うのだろうか?

どんな会社でも有能な人材を手放すのは大きな損害ではあるのだろうけど
この様な会社には大きなペナルティーを与えてはどうだろうか?


エリートとかキャリアとか呼ばれるヤツらって、勉強は出来たかも知れないが
常識外れなヤツらが多いよね。

他人に迷惑を掛けて、それがバレそうになると権力を用いてそれを隠蔽することだけは一人前だから困る。
posted by まさぽん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

麻原死刑確定と破防法【オウム真理教】

オウム真理教の教祖、麻原彰晃(松本智津夫)の死刑が確定した。

数多くの被害者を出したサリン事件や特定の人物を狙った様々な事件すべてを教唆した疑いで1995年に逮捕され、最高裁で死刑判決が決定した。


しかし、1995年に破防法を適応すべきか否かと議論になったのをおぼろげに覚えている。

「抜かずの宝刀」とも呼ばれてる破壊活動防止法は元々日本共産党を監視する為に昭和27年に出来た法律のようです。

当然一度も使われていないからこそ「抜かずの宝刀」と言われているが法律の専門家によると破防法は悪法らしい。


それでも俺は、その悪法の適応を当時すごく望んでいましたし、今現在でも適応を強く望んでいます。

この破防法を適応すれば一つの巨大な殺人集団を壊滅できるからです。


今やオウム真理教は分断され、
オウム真理教の教えをそのまま受け継ぐA派人を神としない上祐派の二つに分かれた事は非常にヤバイのでは?

人体の細胞の様に数年に一度の割合で分裂、分裂を繰り返して行く事により
再び凶悪な細胞が誕生しそうで非常に恐ろしい。


教祖麻原彰晃の死により、A派は麻原被告を完全な神と崇めるのではないだろうか?
posted by まさぽん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

相次ぐひき逃げニュース

最近、連日連夜飲酒運転やひき逃げ関連のニュースをよく目にする。

飲酒運転で人身事故を起こした場合、危険運転致死傷罪が適応されて
最高刑は20年。

一方、ひき逃げの場合、業務上過失致死傷罪も併合しても
最高で7年6ヶ月だそうだ。


こんな法律なら、飲酒運転したら当然の如くみんな逃げるよね。(笑
しかも、酒が抜けた後に捕まる、もしくは出頭し「飲酒運転でした」と自供しても、飲酒運転の危険運転致死傷罪が適応されないなんて全く持っておかしな話だ。


今、マスコミでは飲酒運転とひき逃げの矛盾について報道されていて、法改正が近日立案しそうではある。

他の法律でもシラフの状態より泥酔している方が罪状は軽くなる。
しかし、飲酒運転とひき逃げに関しては飲酒している方が罪が軽くなっている。

法改正しても新たな矛盾が出てくる事に政治家はいつ気が付くのだろうか?
posted by まさぽん at 02:35| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

中傷大学生

---------------------------------------------------------------------
岩手県内にある大学の元水泳部員の男子学生(20)が、アルバイト先の書店で顔や腕を包帯で覆った皮膚病患者の写真を隠し撮りし、インターネットに「ミイラが来店」などと中傷する書き込みを繰り返していたことが17日、分かった。同じ悩みを抱える患者らからの抗議メールを受け、水泳部のホームページが閉鎖に追い込まれたほか、大学側にも抗議が殺到。学生から事情を聴き、厳重注意を行ったという。
---------------------------------------------------------------------
イザ!の記事「皮膚病患者を「ミイラ」 SNS巻き込み閉鎖騒ぎ」より抜粋


「バカなヤツ……。」

俺の感想はこの一言に尽きる。


20歳にもなって人の心の痛みが理解出来ないのは、学校の教育が行き届いていないからではなく。

親の躾(しつけ)がなっていないからに他ならない。


岩手県内のある大学の元水泳部、吉田勝久(20)がSNSミクシィに「かっつ」と言うハンドルネームで2006年7月9日1:02に掲載された記事により、吉田勝久が通う大学とその大学の水泳部に皮膚病患者達からの講義メールが殺到し、水泳部のホームページが閉鎖。

大学側の対応として、吉田勝久に対して厳重注意をし、
学生として、人として不適切な行為」などと学部長名義で注意しただけ。

吉田勝久は未だにこの大学には在籍しているようだ。

ここまでの騒ぎを起こして、皮膚病患者全員に対する冒涜をし、人の痛みすら理解できない様なバカに注意しかしない大学のレベルの低さも露呈した気がする。

顔写真は「クソガキ事件
posted by まさぽん at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

桶川ストーカー殺人 警察の怠慢

ストーカー法が出来たきっかけとなった事件がやっと解決しました。

しかし、事件発生から最高裁の判決までで分かった事は「埼玉県警の怠慢」と「埼玉県警と裁判官との歪んだ関係」と「国賠請求=国に喧嘩を売る」の三点だけでした。


警察の怠慢で亡くなってしまった詩織さんがあまりにも惨めでならない。
心よりご冥福をお祈りします。


★警察の怠慢★

数年前の我が家(駅前アパート)に住んでいた頃、夏の真夜中に高校生らしきガキがバスターミナルでスケボーで遊びながら毎夜毎夜大騒ぎ。

警察に電話をしたところ案の定の「のらぁ〜りくらぁ〜り」な対応。
こちらが声を荒げて「何とかしてくれ!」と言っても「のらぁ〜りくらぁ〜り」

別に埼玉県の上尾署が悪い対応なのではなく、警察自体が機能していないと考えるべきだ。

「警察への協力は義務」だが、それは「市民を犯罪から守る」と言う前提があっての事だと俺は強く言いたい。
市民を守れない警察などただの税金泥棒を言わざるを得ない。


★埼玉県警と裁判官との歪んだ関係★

これはマスコミがもっともっと追跡取材をすれば簡単に全容を明かす事が可能だと俺は考えています。

三ヶ月も経つと風化してしまうこのご時勢に追跡取材をし、時間を割くより新しい情報を提供したいのは理解できる。

しかし、政治家、官僚、警察、その他特権階級を持つ者を監視し続け、報道する事が真のジャーナリズムではないのだろうか?


下記に警察の怠慢が伺えるであろう事柄をまとめてみました。

-----------------------------------------------------------
■詩織の発言(被害者)■

「私、殺されるかも……。」


■和人の発言(主犯者)■

「精神的に追いつめて天罰を加えてやる」
「お前は2000年を迎えられない」
「金で働く奴はいくらでもいる」

■物的証拠■
【1】ピンクチラシと見間違うような中傷ビラ約500を自宅付近、詩織の通う学校、被害者の父親の通う会社の塀などに貼り付ける。

【2】「5月頃」と題された犯人の声が録音されたカセットテープ

【3】「大人の男性募集中」と記載された詩織の顔写真と電話番号が書かれたカードが都内で大量にばら撒かれる。
(インターネットにも同様の書き込み)

【4】父親の勤め先に397通、その親会社に391通の誹謗中傷の手紙が届く。

【5】詩織の部屋から「遺書」を警察が発見する。


■最高裁時の裁判官一覧■

濱田邦夫 (裁判長)
上田豊三 (裁判官)
藤田宙靖 (裁判官)
堀籠幸男 (裁判官)
posted by まさぽん at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。